火葬式の流れ

臨終から葬儀社選び

火葬式(直葬)とは、通夜・葬儀・告別式など、従来から一般的に執り行われてきた仏教式の儀式を行わず、身内や、故人が生前にごく親しくしていた者のみが集まり、火葬だけで故人を送る葬儀の事とされているようです。近年注目されている葬儀スタイルですが、実際にはどういった流れで執り行われるのか、火葬式(直葬)の流れと手順を順番にみていきましょう。まず一番に、どの遺族にも訪れるのが「臨終」でしょう。近年では、その多くが病院で迎えられているとされており、その場合には、各病院の指示に従い、退院の手続きをしましょう。また、火葬式と言う場合であっても、葬儀社や菩提寺、相談機関への死亡報告を行いましょう。葬儀についての遺言がある場合も、喪主が中心となって葬儀の準備を始めていくことになるでしょう。その方針を決めることから故人を送る準備は始まっていると言えるでしょう。葬儀のための大切な土台となる準備なので、焦らず冷静に決断することが望ましいでしょう。また、早めに近親者の同意を得ておくことも、その後の動きに関わってくるため、重要となってくるでしょう。家族や親族で葬儀の大まかな方針を話し合っておき、葬儀の規模や費用などの大枠を決め、形式を決定していくことになるでしょう。故人や遺族の思いを反映し、経済的条件をクリアしておくことも必要と言えるでしょう。葬儀社は、たとえ火葬式といった簡略化されたものであっても、葬儀に関する一切のことを請け負ってくれるでしょう。そのため、葬儀社の選択も重要と言えるでしょう。葬儀や費用に関して明朗であるか、一方的な勧誘をしないかなどの接客態度も重視して選んでいくことが望ましいでしょう。

おすすめサイト:江東区や墨田区、江戸川区、浦安市の火葬式の葬儀なら天音縁(あまねえん)