お骨上げと精進おとし

火葬式の後は、お骨上げまでの時間を、休憩したり、食事をしたりして過ごすことが多いようです。骨箱と埋葬許可証を火葬場で受け取ることになるので、しっかりと確認しましょう。火葬が終わったら、係りの方の指示にしたがってお骨上げを行うのが一般的でしょう。お骨上げは、二人一組になり、箸でひとつの遺骨を一緒にはさんで骨箱に遺骨を納めることを指しており、参列者が箸をバトンして交代し、足の骨から上半身に向かって骨を拾い上げていくのが習わしのようです。これは、骨箱の中で立ち姿になるように収めるためと言われているそうです。さらに、お骨揚げの最後は、故人ともっとも血縁の深い方 (一般的には喪主と遺族代表)がのど仏の骨を収めることになているそうです。お骨上げが終了すると、埋葬許可証と共に白木の箱に納めることになっているのが一般的な流れでしょう。お骨上げに箸を使うのは、「箸」が「橋」と同音であることから「橋渡し」という意味合いを持たせるためとも言われているようです。お骨上げが済んだ後は、喪主が位牌を、遺族が遺骨と遺影を持ち帰り、遺骨は忌明けまで「飾り祭壇」に安置するのが一般的でしょう。また、火葬に同行した人々と僧侶をもてなす精進おとしの席を設けることも考慮しておくと良いでしょう。本来は、四十九日の忌明けまで精進料理を食べ、忌明けに精進料理から通常の食事に戻すことを「精進おとし」と呼んでいたそうですが、近年では、葬儀当日に精進おとしも一緒に行うことがポピュラーなスタイルとなっているようです。菩提寺が遠く、家の近くのお墓に骨を納めたい場合などには、葬儀社に依頼し、分骨用の小さい骨箱や錦袋を用意してもらいましょう。