火葬式という選択

最近の葬儀スタイルの選択肢として、火葬式(または直葬)と呼ばれる葬儀スタイルが増加傾向にあるのはご存知でしょうか。自由葬がブームと言っても過言ではないほど、多くの葬儀スタイルが確立されつつある近年、一度くらいは耳にしたこともあるのではないでしょうか。しかし、葬儀スタイルの増加もあり、それが一体どのような葬儀スタイルであるかを理解している方は多くないのが現状と言えるのではないでしょうか。また、葬儀スタイルが、昔の大規模で盛大なものに比べ、家族や故人の意思を尊重した自由なスタイルのものが増えている昨今、実際に「火葬式」というものがどのような葬儀であるのか、またどのように行われるのか知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。「火葬式」とは、通夜や告別式など、一般的に行われているとされる儀式を行わずに、火葬のみによって故人を送る葬儀を、こう呼んでいるようです。本来お葬式というのは、通夜・告別式・火葬という一連の流れで行われるのがポピュラーであると言えるのではないでしょうか。しかし、近年では「葬儀に費用をかけたくない・書けられない」「何かしらの理由で、呼べる親族・知人がほとんどいない」「無宗教者の増加などにより儀式としての葬儀の重要性を重んじなくなった」「故人の遺言により、葬儀は執り行わない」といったような理由によって、様式的、儀式的なものを一切行わない「火葬式(直葬とも呼ばれる)」を選択する方が増加している傾向にあると言えるのではないでしょうか。故人を送る際、どのような点に重きをおき、葬儀スタイルを選んでいくのかということは、今の自由な風潮の社会において新しい選択として確立されていくのではないでしょうか。