火葬式の流れと相場

近年注目されてきている「火葬式」は「直葬」とも呼ばれており、通夜や告別式というような、一般的に「故人と、故人に関わりの多かった方達が、最後の時間を共有する」というような形式を取ることの無い、故人の家族や、ごく親しい者のみで火葬をすることで「お別れ」をする葬儀スタイルが主流とされているようです。通夜や告別式などがないということで、従来の葬儀の形式にとらわれることなく、また、人間関係や、諸々の手続きなどによるわずらわしさもないため、新しい葬儀スタイルとして注目されてきているのでは無いでしょうか。そもそも葬儀とは、仏教式の故人を送りだすための儀式であり、無宗教の方にとっては必要性を感じないものだと言えるのかもしれません。火葬式は、一般的な葬儀スタイルに比べ、費用も大幅に安くなる場合が多いのが特徴と言えるでしょう。平均すると約20万円ほどが相場と言われているようですが、追加料金などががかかるケースもあり、一概に金額は断言できないと言えるでしょう。例を挙げるとすれば、遺体を安置する際のドライアイスや、読経だけでも供養してもらう場合、僧侶を呼んだりした場合には「心づけ」としてお礼をお渡しするといったことがあるでしょう。各葬儀社によっても費用は異なるため、事前によく確認をすることが望ましいでしょう。火葬式の流れは、臨終、安置、納棺、火葬となっており、荼毘にふす前にお別れ会などの時間を設けるのが一般的とされているそうです。火葬式のみの場合、その形式の省き方の点で、親戚などの理解が得られない場合も多くあるため、遺族は事前によく相談して決定することが望ましいのではないでしょうか。