遺体の安置

葬儀社が決まったら、次に、遺体を安置する場所に搬送することになるでしょう。葬儀社との事前の打ち合わせで、火葬式(直葬)の内容を具体的に決定し、また、火葬場や僧侶の手配なども入念に確認しておきましょう。寝台車の手配や、ドライアイスの処置、希望する場合には宗派に応じた枕飾りなどは、葬儀社が行ってくれるでしょう。搬送の手配や、臨終後の処置の後、搬送のため、遺体を病院の霊安室に安置することになるでしょう。このあたりからの手続きや手配は、すべて自分で行わなければならなくなるのが一般的と言えるでしょう。病院提携の葬儀社からの勧誘には安易に耳を貸さず、家族で話し合った意向を元に、冷静に対応することが重要でしょう。その後、葬儀社と搬送先について打ち合わせをしましょう。搬送先によって葬儀社の手配が異なってくるためであり、ひとまず自宅に連れて帰るという場合にも、葬儀社に搬送を依頼することになるでしょう。また、自宅に連れて帰らず、そのまま葬儀を行う斎場へ搬送したり、火葬式であれば火葬場ヘ直接搬送したりというケースも、近年では多く見受けられているようです。いずれの場合も、搬送先の情報をわかる範囲で伝えておくことは必要になってくるでしょう。わからないことのないように、家族でしっかり確認をしておきましょう。故人を気持ちよく送りたい、また、生前の思いでを偲び、お別れの時間を持ちたいのであれば、本人が慣れ親しんだ自宅に連れて帰り、遺体を安置するのが本来のあり方と言えるのではないでしょうか。また、葬儀社に火葬場の空き状況確認してもらい、火葬式の日程を早めに決めることが故人のためにも望ましいと言えるでしょう。