故人・家族・親族の納得できる選択を

近年、急速に注目されている葬儀スタイルのひとつである「火葬式(直葬)」は、経済的に大規模な葬儀を行う余裕がないといった遺族にとっても、残された遺族に負担をかけたくないという故人にとっても納得のいく、遺族・故人両者の思いが尊重された葬儀スタイルと呼べるのではないでしょうか。よく「葬式もしてあげないなんて故人が可哀想」だとか「葬式代をケチって情けない」などと耳にすることもあるように「火葬式(直葬)」は故人への思いやりや心遣いが足りないと思われる方がいらっしゃるようです。しかし、形式的なものを一切行わないからと言って故人をないがしろにしているわけではなく、故人・遺族両者の納得の末の選択として受け取ることも大切なのではないでしょうか。しかし、なかなか形式を重んじる方にはわかっていただけないのも事実であるでしょう。そう言った場合には、僧侶に読経を依頼し、形式的な法要を行ってもらうと良いでしょう。火葬式でのよく聞くトラブルである、親戚間の不満も、この読経のみを執り行うことで緩和されるのではないでしょうか。大切なのは「故人を送ること」ですので、故人の遺言であった場合には「火葬」のみでも構いませんが、遺族が葬儀スタイルを選択する場合には、家族間でよく話し合い、打ち合わせをし、多少意に沿わない場合であったとしても、親戚の思いを汲み取って、形式的なものを執り行うということも、故人を含めた家族・親族全員が納得できる葬儀となるのではないでしょうか。後々に、故人の関わったすべての人が納得して故人を偲ぶことが出来る環境を整えることも葬儀スタイルの選択として考えておくことは重要と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です