お骨上げ

荼毘に付した後(遺体を火葬した後)の遺骨は、火葬場の係りの人の指示にしたがって、竹の箸で挟んで骨箱に収めていくのが一般的な流れとなるでしょう。これを「お骨上げ」と呼び、遺族や参列者が2人1組になって1つの遺骨を両者が共に箸で持って収めていくといったしきたりがあるとされているようです。1組が1、2片拾ったら次のペアに箸を渡し、順々に行って行くとされています。自由に好きな骨を拾って収めていくのではなく、どの部分の遺骨を拾って収めるかというしきたりもあるようです。これは、地方によってしきたりが異なっており、大まかに紹介しますと、関東では、遺族が全身の遺骨を収めていくとされているのが一般的なようです。この時、骨箱内に収められた遺骨が、立っている姿になるように足元の方から収めるというしきたりもあるようです。また、関西ではのど仏や歯骨などといった一部だけを遺族が拾って収めていくというのが一般的とされているようです。この場合にも、骨箱に収める順番は足の方からであり、遺族に箸を渡す前には、火葬場の係りの人が順番に収めてくれることが多いとされているようです。また、分骨する必要がある場合などには、火葬場での手配も異なってくるため、前もって葬儀社に伝えておくことが必要でしょう。この時点で骨箱を2つ用意しておき、お骨上げの時点で遺骨を分けながら収めていくことになるでしょう。分骨は、分ければいいというものだけでなく、宗派の総本山に納めたり、実家の墓にも納める場合などがありますので、事前に葬儀社や菩提寺などに相談し、あとで困ることのないように、よく気を付けて確認しておくことが望ましいと言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です