危篤になった時の心構えについて

親戚や身内のもの、親しい人が危篤になった時の心構えは大切です。

危篤になるのにはいろんなケースがあると思います。祖父や祖母が高齢で、入院生活が長く、お医者さんに「そろそろですよ」と言われることもあるかもしれません。その場合、ある程度の準備や心構えはできることでしょう。

しかし、ある日突然体調を崩した親が、急に危篤になるケースもあるでしょう。そんな時は現実を受け入れることもできず、おろおろするばかりかましれません。

人間は必ず死にます。また、すべての動物たちの中で、人間だけが死ぬことを知っているそうです。普段から死というものを意識して、周りの人を大切に、覚悟して生きられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です