通夜

現在、通夜は葬儀・告別式の前日だけ、それも大体午後6時か7時頃から始めて、通夜ぶるまいを含めても 2、3時間で終わる「半通夜」が多いようです。

ですが、もともとお通夜は故人が亡くなってからお葬式を行うまで、数日間にわたって夜通し行われていたものでした。遺族と近親者が時間を共にし、故人を偲ぶ時間だったともいえます。お通夜が短くなったことで遺族の負担は軽くなりましたが、本来の意味とは徐々に離れつつあるようです。ちなみにお通夜が夜通しだったのは、悪い霊が喪家に入ってくるのを防ぐためという説もあります。また、お葬式まで数日間日を空けていたのは、故人が蘇るのを願い、もし蘇っても大丈夫な様にという意味がこめられていたとも言われています。

特に地方などではお通夜を夜通し行うところが以前は一般的だったようですが、個人と地域社会との繋がり方や住宅事情の変化等から、現在では都心部を除いてもあまり見られなくなりました。そもそも、葬儀会場は夜に閉まっている所が多いです。中には宿泊できる会場もありますが、一晩中営業しているわけではないでしょう。貸布団業者の手配から、歯磨きなどの洗顔セットを用意するといったサービスを提供している会場もあるようです。親族用の控え室に数人で布団をしいて寝泊まりする形になります。消防法によって、夜10時以降は 線香やろうそくを消さなければならない所が多いようです。

最近では新しいお葬式の形がいくつも誕生しています。会館や会場ではなく、自宅の居間のような場所でお葬式をする、リビング葬というやり方もあります。そのような形式の葬儀なら、夜通しの通夜もやりやすいと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です