神道とキリスト教の火葬

神道、キリスト教も火葬はタブーでしたが、最近では日本だけでなく火葬が推奨されている国では火葬をしているそうです。

中国も火葬よりも土葬だったそうです。

中国も怪談を読んだりすると、幽霊はみんな足があるというか、日本みたいにふわふわしていないというか、人間の形のままなので、火葬しないのもわかる気がします。

日本の場合は99%火葬なので、日本のキリスト教徒も火葬をするのがほとんどだそうです。

キリスト教では火葬炉の前に十字架を飾るそうです。

神父さんが祈りを捧げ、聖書の朗読、賛美歌の合唱を行うそうです。

神父さんが火葬場に来るということですね。

これらが済んでから、火葬となります。

火葬が済むと収骨をして、遺族に渡すそうです。

仏教みたいに遺骨を遺族で集めるとか、橋渡しをすることはありません。また、仏教のようにこのあとに精進落し的なものはないそうです。

遺族が語り合ったりする時間があるのかもしれませんが。

ご自宅に安置したあとに、お墓に埋葬します。追悼ミサなどをするのはこの後だと思います。

神道も火葬する前に儀式があります。

神道だからといって神社でお葬式はだしません。

火葬をする前に「火葬祭」を行うそうです。斎主が祭祀を奉上して遺族や友人が順々に玉串奉奠をします。

自宅に戻ったら神職による払いの儀式をしてから家に入ります。

遺骨を安置したら「帰家祭」を行います。

子供の頃のお葬式といえば、家が信仰している宗教によるもので、家が神道だったら神道、キリスト教だったらキリスト教、仏教でも真言宗だったり浄土宗だったりするのかと思いますが、いざ自分が喪主なり斎主になったときは葬儀社の人に丸投げという風になるのかなと思います。

日本は火葬が当たり前ですが、他の国も徐々に火葬が主流になっているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です