墓地にかかる費用

墓地の永代費用は都立霊園で一区画が数百万円を超えるところもあるそうです。
その上に毎年の管理料がかかってくるそうです。
お墓は墓地の永代使用料と年間管理料、墓石、墓石を立てるための費用と、200万円を超える額になる場合が多いようです。
何代にも渡っての使用料ということで200万円でも300万円でも高くないと感じる人もいるかと思います。
これに墓石代も入ってくるので、その値段は天井知らずとも言えます。
お墓を継承してくれる人がいるならばいいのかもしれませんが、子どもがいないとか継承してくれないとかいう場合だとちょっと高額に感じます。
また子どもの子ども、孫が継承してくれるのかどうかもわからないと思います。
三代というと100年あまりとなると思いますが、100年間のことを想像することはちょっと難しいと思います。
霊園などの中には、樹木葬ができるところもあるそうです。
継承する子どもがいないようなら、墓地、墓石を用意しなくていい樹木葬や散骨にしたいという気持ちになるのも仕方ありません。
遺骨は許可が下りた墓地にしか埋葬することはできないそうです。
墓埋法といって、墓地、埋葬などに関する法律というものがあるようです。
この墓埋法は墳墓を死体の埋葬や焼骨を埋蔵する施設、墓地は墳墓を設けるために都道府県知事の許可を受けた区域とするそうです。
埋葬や埋蔵は墓地以外で行ってはいけないそうです。
自分の庭に埋葬することはできません。ただし遺骨は置いておいても良いそうです。
勝手に遺骨を山に持っていってお墓をつくることもできません。
お墓がどうしても作れないなら、散骨のことなど葬儀社に教えてもらうのもいいかと思います。
好きなところに埋めるようなことは止めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です