屋内管理

納骨堂と言えば、その最大の特徴は屋内管理にあります。そして、その特徴はメリットでもあり、デメリットでもあります。中にはお墓と納骨堂の特徴を併せ持った施設もありますが、天気、天候に左右されないように管理されている点は共通しています。確かにお墓もカロートに納骨されるため、短期的には雨の影響を防ぐことができます。しかしカロートは湿気を完全に防ぐことが出来ないので、長年埋葬されれば、少なからぬ傷みが発生します。それに比べれば、納骨堂の屋内管理は遺骨に優しい体制であると言えます。ところで、納骨堂とお墓との違いを法的な側面で確認する人は稀でしょう。ここで当該法律を読んでみることにします。「墓地、埋葬等に関する法律」によれば、「墳墓とは、死体を埋葬し、または焼骨を埋蔵する施設」とのことです。そして、「墓地とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域」とも定義しています。この「墓地」の定義から分かることは、墓地は納骨堂とは異なり、死体を埋葬できるという点でしょう。現実には死体が直接埋葬される習慣は途絶えていますが、法律上は何の問題もないと言えます。もちろん条例で細かな制約が施されていますが、それさえクリアできれば、出来ないものでもないのです。納骨堂にはタイプがあり、ロッカー式、棚式、仏壇式、墓石式、機械式等が知られていますが、良くも悪くも一番注目されているのは機械式でしょう。骨壺の扱いを機械が行う、全自動式参拝システムが話題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です