おひとりさまの場合は?

おひとりさまという言葉が定着してきました。おひとりさまは死んだ後のことはどうすればいいのでしょうか。お墓のことも考えたり、納骨堂がいいかもとかいろいろ考えたりするかと思います。おひとりさまの中には終活をしている人も多いようです。親の先祖代々のお墓を守るのはできるかもしれませんが、その先のことを考えると不安になったりするかと思います。次の世代に受け継ぐのが前提ということになると、菩提寺とか檀家になるというのも難しく考えてしまいます。継承者が必要ないという墓地というと自治体の経営する墓地や公益法人などの霊園を考えるのも良いかと思います。

散骨の中にも、海に撒くことが多いようですが、宇宙に飛ばすというのもあるようです。散骨というのに決まりは無いようですが、漁場や取水池などに撒くのは止めておく方がいいかと思います。自分自身が散骨される場合も、海苔やムツゴロウがいるところより、大海原の方がいいような気がします。樹木葬は霊園の中に区画があるところが多いようです。墓標として植えた樹木の根元に遺骨を埋葬してくれるそうです。個人だけでなく家族単位で利用するものもあるそうです。また、大きな区画に木を植えてたくさんの人達と一緒に埋葬するタイプもあるようです。樹木葬の場合、遺骨を撒くというよりも埋めるということになるようです。土に還るという感じが人気だそうです。確かに海もいいですが、土に還るという方がなんとなくしっくり来るような気がします。自分の感じ方ですが、親兄弟に相談するということも大切ですが、最後も自分の自由にしたいと思うのも悪いとは言えないはずです。いろいろと調べて、遺言を残して置くのもいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です