納骨堂のメリット

納骨堂は、新たに墓を作る場合の一時的な保管場所として機能している場合もあり、そのような場合であれば月単位の契約などで骨を預けたりすることもできるわけですが、ずっとその場所に安置したいという風に考える人にとってみれば、納骨堂は新しいスタイルであるという風に言えるかもしれません。しかし、納骨堂の桜区の施設の場合には骨を終了する期間を10年単位などで限っている場合などが多く、契約が満了した際には、再度契約を更新するというようなスタイルを取っている方が一般的ではないでしょうか。最近では亡くなった人の遺骨を永代供養付きで引き取るというような形式をとる納骨堂も増加しているというふうにも言われてきているわけですが、永代供養と言っても収容方法や供養の仕方などは注意しておく必要があることは間違いなく言えるのではないでしょうか。つまり、10年までは個別に遺骨を保管しておくが契約が満了した後はすべての個人の納骨堂をまとめて供養するというような形式に移行するというような場合があり、子供の世代では参拝をすることができたが、孫の世代では参拝をすることができなくなってしまったというような場合もあるかもしれませんし、契約をする際にどのようなスタイルが良いのかということをはっきりと決めておくことがおすすめだと言えそうです。そして契約の関係で一般的なお墓参りが出来なくなってしまうというような場合もあるというふうに聞いたことがありますから、事前に確認をしておくことが何よりも重要であるということは間違いなく言えるかもしれません。

葬儀後には、遺骨をどこに納めるか考えると思います。

遺骨の納め方について参考にしていただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です