墓地について

最近では、新しく墓を建てようとする人が増えているという風に言われているようです。かつては一つの家族が代々受け継いでいたお墓というものが存在しているため、何をせずともそこに亡くなったら入るということが暗黙のルールであったということは、なんとなく一般的な事として感じていたことと言えるのではないでしょうか。しかし、最近では都市部を中心とした核家族的な暮らし方がメインとなってきているため、田舎とは離れた場所にお墓を建てたいというふうに考えている人が多いということも報告されているようです。このような人たちに多いのは、いわゆる「団塊世代」などという風に呼ばれている世代の人たちのようで、昭和20年頃に生まれた人たちの世代と示すことが出来るでしょう。この世代の人たちの「退職」というのが、2000年代に一斉に訪れたということが、お墓事情と関係していると考えられ、退職金などを使って豪華な墓を作ろうとする機運が高まったという風に考えられているようです。また一方では、そういった考え方とは別に、故郷のお墓が遠い人などが、自分たちの子供が住んでいる場所の近くや都市部にお墓を作っておきたいというような希望から、新しくお墓を建てたいという流れも多いと言えるでしょう。現在では「しきたり」というものが見直され、お墓に対しても様々な希望を持つことができる時代になっていると言えるでしょう。住んでいる地域にお墓をたてるという点は、現代社会では大きなメリットとして考えられているでしょう。自分自身が亡くなった後にどのような形で弔ってもらいたいのかということも考えていけるようになったのが、現代のお墓の特徴であると言えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です