お墓を建てる

お墓を建てたいと考えたとき、まずはじめに、石材庖、石の種類、デザインというものを決めていくことから始まるでしょう。石材庖については、墓地で指定がある可能性もあるため、確認が必要かもしれません。無事に墓地を購入することができたら、墓石などの準備へと入るのが一般的な流れとなるでしょう。

墓石というのは、基本的に石材庖に依頼し、建ててもらうことになるでしょう。購入した墓地が、民営墓地や寺院墓地といった場合、たまに石材庖の指定があるケースがあるようで、このような指定庖の場合、ほかの庖より割高になっている場合もあるため、墓地の購入前にきちんと確認しておくとよいでしょう。お墓というのは、建てた後のメンテナンスというのを考えておかなければなりません。石材庖選びは、購入後の手入れなどにも対応してくれるような、信頼のおける庖を選ぶことが大切でしょう。墓石に使用される石は、風化しにくく、磨いたら光沢の出る御影石が一般的に使用されていると言えるでしょう。関東では黒系、関西では白系の墓石が好まれているようですが、近年では、お墓のバリエーションが増えると同時に、赤系や緑系などさまざまな種類が選べるようになっているようです。

お墓のデザインは、信仰していた宗教によって、それぞれ基本の形式というものがあるようです。個性を重視するような傾向になってからは、宗教や形式にとらわれず、自由なデザインのお墓が増えてきているようです。ただし、購入した墓地などによっては自由なデザインでは建てられない場合もあるため、あらかじめ確認をしておきましょう。公園墓地などではよく見られるかもしれませんが、霊園や納骨堂では難しいと考えておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です