神道とキリスト教の火葬

神道、キリスト教も火葬はタブーでしたが、最近では日本だけでなく火葬が推奨されている国では火葬をしているそうです。

中国も火葬よりも土葬だったそうです。

中国も怪談を読んだりすると、幽霊はみんな足があるというか、日本みたいにふわふわしていないというか、人間の形のままなので、火葬しないのもわかる気がします。

日本の場合は99%火葬なので、日本のキリスト教徒も火葬をするのがほとんどだそうです。

キリスト教では火葬炉の前に十字架を飾るそうです。

神父さんが祈りを捧げ、聖書の朗読、賛美歌の合唱を行うそうです。

神父さんが火葬場に来るということですね。

これらが済んでから、火葬となります。

火葬が済むと収骨をして、遺族に渡すそうです。

仏教みたいに遺骨を遺族で集めるとか、橋渡しをすることはありません。また、仏教のようにこのあとに精進落し的なものはないそうです。

遺族が語り合ったりする時間があるのかもしれませんが。

ご自宅に安置したあとに、お墓に埋葬します。追悼ミサなどをするのはこの後だと思います。

神道も火葬する前に儀式があります。

神道だからといって神社でお葬式はだしません。

火葬をする前に「火葬祭」を行うそうです。斎主が祭祀を奉上して遺族や友人が順々に玉串奉奠をします。

自宅に戻ったら神職による払いの儀式をしてから家に入ります。

遺骨を安置したら「帰家祭」を行います。

子供の頃のお葬式といえば、家が信仰している宗教によるもので、家が神道だったら神道、キリスト教だったらキリスト教、仏教でも真言宗だったり浄土宗だったりするのかと思いますが、いざ自分が喪主なり斎主になったときは葬儀社の人に丸投げという風になるのかなと思います。

日本は火葬が当たり前ですが、他の国も徐々に火葬が主流になっているそうです。

散骨がしたい

散骨というのは、日本では一般的なものでした。

淳和天皇(〜840年)は現代の散骨のように骨を粉々にして山の中に撒くように遺言したそうです。

信者に火葬を推し進めていた親鸞さん(〜1262年)は、加茂川に入れて魚にやってと言い残しています。

親鸞さんの場合は死んだらおしまいという意味もあって何も残らないように魚にやってくれという遺言を遺したのかもしれませんが、現代においての散骨は自然に還るという意味の方が強いようです。

散骨をした著名人として石原裕次郎がいます。女優の沢村貞子。

Xジャパンのギタリストの方の遺骨の一部はサンタモニカ沖に散骨されました。

海外ではオペラ歌手のマリア・カラスさんやクィーンのフレディーマーキュリーさんが散骨されたそうです。

散骨は法律で禁止されているわけではありません。散骨をしたいなと思ったら、散骨をしていいのです。

ただ自治体で禁止しているところもあるので、散骨をしたい場合は自治体に問い合さをしましょう。

いくら散骨をしてもいいといっても、火葬場から遺骨を持って海や山に行くなんてことはかなり躊躇います。山はまだなんとかなりますが、海ともなると沖合に行くまでの足がありません。宇宙葬なんかだと、故人の力でやるのはかなり無理があるようです。

散骨、自然葬も、やはり業者さんに頼んだ方が無難かもしれません。

樹木葬や海洋葬など、公園を持っていたり、クルーザーなど沖合にでるための船を持っていたりする葬儀屋さんもあるようです。

さまざまな形式を選べるとはいえ、まだまだ家族だけとか友人だけで葬儀をするのは気持ち的に難しいような気がします。

未来にお墓はなくなっても、葬儀業者はなくならないかもしれませんね。

 

密葬と本葬

本葬の前に先に行う葬儀を密葬といいます。時代とともに意味合いが変わってきている葬送儀礼の1つです。

例えば年末年始等、人が集まるのが難しい時期に遺族や近しいごく少人数の人達で内々に葬儀を行い、後に改めて案内をだしてお葬式をするという場合、この近親者のみで先に行う葬儀が密葬になります。また、かつて農村部では繁忙期に葬儀がかさなったときは、周囲の人達に配慮して密葬の後、繁忙期が終わる頃に本葬を行っていたようです。最近では一般の会葬者を呼ばない葬儀が密葬と思われがちですが、本来の意味で考えると後に本葬がないものは密葬とはいいません。葬儀の業界では一般の個人のお葬式で近親者のみで行うものは家族葬というそうです。規模の大きなお葬式になると密葬と本葬の両方を行うことがあるので混同しないためです。

著名人や大企業のトップの葬儀は、関係者への連絡や準備にも時間がかかります。そのためまず密葬をした後に社葬として本葬を行うことはよくあります。

日本が高度経済成長の只中にあった頃は、企業のトップが亡くなると大規模 な「社葬」が営まれたものでした。ですが現在、企業にとって一大イベントだった社葬はあまり行われなくなりました。社葬のコスト、企業への帰属意識の認識等が時代とともに大きく変わったためだと思われます。このような背景から、規模の大きな社葬から「お別れ会」を行う企業が増えてきました。近親者だけで密葬を行い、本葬として1、2ヶ月後に「お別れ会」をする形です。「偲ぶ会」ともいいます。基本的に無宗教葬で行われることが多いようです。社葬を行う企業側のスタンスによって自由な形式で行われるそうです。

通夜

現在、通夜は葬儀・告別式の前日だけ、それも大体午後6時か7時頃から始めて、通夜ぶるまいを含めても 2、3時間で終わる「半通夜」が多いようです。

ですが、もともとお通夜は故人が亡くなってからお葬式を行うまで、数日間にわたって夜通し行われていたものでした。遺族と近親者が時間を共にし、故人を偲ぶ時間だったともいえます。お通夜が短くなったことで遺族の負担は軽くなりましたが、本来の意味とは徐々に離れつつあるようです。ちなみにお通夜が夜通しだったのは、悪い霊が喪家に入ってくるのを防ぐためという説もあります。また、お葬式まで数日間日を空けていたのは、故人が蘇るのを願い、もし蘇っても大丈夫な様にという意味がこめられていたとも言われています。

特に地方などではお通夜を夜通し行うところが以前は一般的だったようですが、個人と地域社会との繋がり方や住宅事情の変化等から、現在では都心部を除いてもあまり見られなくなりました。そもそも、葬儀会場は夜に閉まっている所が多いです。中には宿泊できる会場もありますが、一晩中営業しているわけではないでしょう。貸布団業者の手配から、歯磨きなどの洗顔セットを用意するといったサービスを提供している会場もあるようです。親族用の控え室に数人で布団をしいて寝泊まりする形になります。消防法によって、夜10時以降は 線香やろうそくを消さなければならない所が多いようです。

最近では新しいお葬式の形がいくつも誕生しています。会館や会場ではなく、自宅の居間のような場所でお葬式をする、リビング葬というやり方もあります。そのような形式の葬儀なら、夜通しの通夜もやりやすいと思われます。

いっぱい飯

子供の頃に見たお葬式のイメージの中で、不思議と鮮明に覚えているものとして挙げられるのが、故人の枕元に置かれた茶碗に、これでもかと言わんばかりに盛られたご飯のイメージではないでしょうか。しかも、箸が立てられているという衝撃的な絵は、子供心に突き刺さるものであると言えるでしょう。この衝撃的なご飯のことを、専門用語では「いっぱい飯」もしくは「一膳飯」と呼ばれているようです。また、一緒に団子と水が供えられることが多いこともあり、これらを併せて「枕飯」とも呼んでいると言われています。「いっぱい飯」とは、故人が亡くなったらすぐ、故人の愛用茶碗にすり切りいっぱい入れた米を炊き、めいっぱい故人の茶碗に盛りつけたものを指しており、突き立てられた箸も故人が生前使っていたものを使用するとされています。地方によっては箸の数が異なったりもするようです。また、地方によっては「いっぱい飯」を炊いた釜は、初七日までは使ってはいけないという風習もあったりと、様々な継承のされ方が見られるものでもあるでしょう。もともと「いっぱい飯」には、故人を蘇らせる招魂の意味があったともいわれていたそうで、白米が高級な食べ物だった昔、ご馳走の魅力で死者の魂を呼び戻そうとしたという目的があったと言われているようです。突き立てた箸は、戻ってくる故人のための目印とも言われていたようです。また、故人が旅に出る際の食事として「いっぱい飯」を供えるという説もあるようですが、実際に、どれが正しい説であるかはわからないとされているようです。子供のころ、ご飯に箸を立てるのは縁起が悪いからやめなさいと言われた人も多いのではないでしょうか。これは、普段の生活から「死」を切り離そうとする風習からくるものなのかもしれません。火葬式では、相談次第で備えることもできるかもしれません。

安置~打ち合わせ

遺体を葬儀場ではなく自宅に安置するといった場合、仏聞か座敷に布団を敷き、遺体を北枕に寝かせるのが一般的でしょう。これは「枕直し」と呼ばれ、この「北枕」というのは、釈迦が入蹴した際に頭を北にしていたからとされており、仏教の経典に記されているようです。北枕が難しいという場合には、浄土があるとされている西でも良いとされています。この時注意すべき点としては、ドライアイスで遺体の保全処置をするため、布団は処分しても構わないものを用意するという事でしょう。枕飾りも終われば、次は「お葬式の打ち合わせ」でしょう。はじめに日程を決める事になるようですが、これは火葬場や葬儀場の予約が取れないと決められないことと言えるでしょう。葬儀社が、火葬する日から逆算し、式場の空き状況を確認した上で、最短で行える日程を提案されるでしょう。菩提寺がある場合には、そちらとも相談しながら、詳細な日程や場所を決めましょう。その後、許報を流す流れになるでしょう。近年では火葬場や葬儀場の予約が取れないことも多いと言われ、そういった場合には、基本的に待つしかないと言えるでしょう。火葬場の不足が深刻な状況ではあるようですが、ドライアイスによる保全処置やエンパーミング、冷蔵施設と言ったものもあるようなので、遺体が傷んでしまう心配は無用でしょう。どうしてもすぐにお葬式を営みたいと言った場合には、割高にはなるでしょうが、私営の葬儀式場を使うという手も挙げられるでしょう。しかし、火葬式を希望している場合は、確実に火葬場の予約を取らなければならないでしょう。そう言った際も、葬儀社の方と良く打ち合わせをして日程を決めなくてはならないでしょう。

危篤になった時の心構えについて

親戚や身内のもの、親しい人が危篤になった時の心構えは大切です。

危篤になるのにはいろんなケースがあると思います。祖父や祖母が高齢で、入院生活が長く、お医者さんに「そろそろですよ」と言われることもあるかもしれません。その場合、ある程度の準備や心構えはできることでしょう。

しかし、ある日突然体調を崩した親が、急に危篤になるケースもあるでしょう。そんな時は現実を受け入れることもできず、おろおろするばかりかましれません。

人間は必ず死にます。また、すべての動物たちの中で、人間だけが死ぬことを知っているそうです。普段から死というものを意識して、周りの人を大切に、覚悟して生きられるといいですね。

お骨上げ

荼毘に付した後(遺体を火葬した後)の遺骨は、火葬場の係りの人の指示にしたがって、竹の箸で挟んで骨箱に収めていくのが一般的な流れとなるでしょう。これを「お骨上げ」と呼び、遺族や参列者が2人1組になって1つの遺骨を両者が共に箸で持って収めていくといったしきたりがあるとされているようです。1組が1、2片拾ったら次のペアに箸を渡し、順々に行って行くとされています。自由に好きな骨を拾って収めていくのではなく、どの部分の遺骨を拾って収めるかというしきたりもあるようです。これは、地方によってしきたりが異なっており、大まかに紹介しますと、関東では、遺族が全身の遺骨を収めていくとされているのが一般的なようです。この時、骨箱内に収められた遺骨が、立っている姿になるように足元の方から収めるというしきたりもあるようです。また、関西ではのど仏や歯骨などといった一部だけを遺族が拾って収めていくというのが一般的とされているようです。この場合にも、骨箱に収める順番は足の方からであり、遺族に箸を渡す前には、火葬場の係りの人が順番に収めてくれることが多いとされているようです。また、分骨する必要がある場合などには、火葬場での手配も異なってくるため、前もって葬儀社に伝えておくことが必要でしょう。この時点で骨箱を2つ用意しておき、お骨上げの時点で遺骨を分けながら収めていくことになるでしょう。分骨は、分ければいいというものだけでなく、宗派の総本山に納めたり、実家の墓にも納める場合などがありますので、事前に葬儀社や菩提寺などに相談し、あとで困ることのないように、よく気を付けて確認しておくことが望ましいと言えるでしょう。

 

神式の「火葬祭」

近年では、一般的に「火葬式(直葬)」と呼ばれ、広く知られきている葬儀スタイルですが、神式では「火葬祭」と呼ばれることが多いとされています。本来、神式での埋葬は土葬とされてきたと言われているようですが、現在では、様々な制約のために、ほとんどが火葬で行われているとされているようです。この「火葬祭」と呼ばれる場合にも、儀式は炉前で行われ、流れとしては火葬式とあまり違いはないとされているようです。少し違うとされているのは、火葬祭では斎主の祭詞奏上の後に、儀式として喪主から順番に全員が玉串を捧げて拝礼するのがしきたりとされているところではないでしょうか。その後のお骨揚げの手順は、火葬式も火葬祭も同じとされているようです。また、神式では火葬祭の後、そのままお墓に納骨するという場合がしきたりとして多く一般的に行われてきたようですが、近年では、一度自宅へ遺骨を運び「帰家修祓の儀」を行うことが多いとされているようです。その後埋葬(納骨)といった流れが、火葬祭の一般的な流れになりつつあるとされているようです。また、通常火葬には12時間ほど時間がかかるため、一般的な葬儀スタイルの場合、この時間に、僧侶や参列者と食事を設けたりする場合が多いようですが、火葬式(直葬)では、この間のお食事は設けられない場合が多く、食事を取るにしても、親族だけで外食で済まされるといった場合がほとんどのようです。もし、食事の時間を設けたい場合には、僧侶や参列者がいる場合は参列者に、どこで食事をするのかを事前に知らせておくことが必要になるということを覚えておくと良いでしょう。また、その場合にも、しっかりと葬儀社と相談し、確認しながら進めて行きましょう。

 

必要な費用を計算する

「火葬式(直葬)」は、一般的に執り行われる通夜、葬儀、告別式といった葬儀スタイルに比べると大幅に安価であると言えるのは間違い無いのではないでしょうか。しかし、全く費用がかからないということでも無いので、あらかじめ「火葬式(直葬)」の流れを理解し、必要な手続きや費用を把握しておくことも必要だと言えるでしょう。「火葬式(直葬)」の大まかな流れとしては、故人の亡くなった場所(病院や施設など)からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬と言った諸々の手続きなどが必要になってくるでしょう。これらを行うためには、葬儀社への依頼が必要となるため、ある程度の費用は計算して準備しておかなければならないと言えるでしょう。日本では、故人が亡くなってから24時間は火葬することができないということが法律で定まっているため、必然的に火葬できるのは、少なくとも翌日以降となってくるでしょう。つまり、いくら「火葬式」を選択しても、その火葬ができるまでの間は、故人の遺体をどこかに保管しておく必要があるでしょう。多くの 病院では、一般的には翌日まで安置させてもらえないところが多く、速やかに自宅や安置施設に搬送する必要があると言えるでしょう。 葬儀に向けて、遺族が最初に意思を決定しなければならないのが、この安置の場所をどこにするかということになるでしょう。搬送の依頼などの手配も考えておかなければならないため、あらかじめ家族と相談し、決めておくことも必要なのではないでしょうか。また「葬儀や葬式に呼べる人がいない」「身内のみで故人を送りたい」「とにかく費用を安くしたい」など、火葬式を選択する明確な理由も挙げ、相談しておくと良いでしょう。